table

テーブル(表)構造を作るためのブロックです。
アプリのサブテーブルに保存されている可変長のデータを出力したいときはこの要素を使います。

テーブル構造を作るためにはルールに則り、子要素を配置する必要があります。
tableタグ直下にthead、tbody、tfootを配置。
それぞれの子にtrを配置し、これが行になります。
trの子にtdを配置し、これがセルになります。
tdのなかに出力用の記述することで表が構築できます。

子要素