kintoneをもっと便利に使いやすく
kintoneをもっと便利に使いやすく
機能拡張スタンダード All-In
Gmail自動送信

Feature

お問い合わせ

リリースノート

Products

機能拡張スタンダード All-In
kintoneにあったら便利な様々なオプション機能を追加するプラグインです。 自動計算 条件書式 フィールド再利用切替 フィールド表示切替 フィールド編集切
Gmail自動送信
このプラグインで拡張できる機能について kintoneの機能を拡張することができます。 GmailアカウントのAPI機能を利用して、メールの自動送信を行います。 ご利用にはGmailアカウントが必要

Brand New Posts

バージョン 1.14.3 リリース(kintoneプラグイン『機能拡張スタンダード All-In』)
2019年5月24日
Spicaアカウントへのドメイン紐づけについて ライセンス販売再開に先立ちまして、Spicaアカウントとkintoneご利用ドメインの紐づけを行うための機能をプラグイン設定画面に追加しました。 設定画面下部に配置されたボタン「有償ライセンス」からご利用いただけます。 ※ Spicaアカウントの発行については現在準備
有償ライセンスの販売再開時期について
2019年4月1日
決済サービスについて kintoneプラグイン『機能拡張スタンダードAll-In』の利用ライセンスの販売行っておりました、DLmarketのサービス終了が公式に告知されました。 サービス停止以降、弊社ウェブサイト(spica.tokyo)内での決済ページの準備を進めております。 トライアルの開始やご利用内容について
バージョン 1.14.2 リリース(kintoneプラグイン『機能拡張スタンダード All-In』)
2019年3月7日
日付フィールドの現在日時との比較について 各種条件判定において、日付フィールドを現在日時を基準とした判定ができない状態となっていた不具合を修正いたしました。 「今日から○日」などを基準に、「以前」「以降」などを判定して各種の設定ができます。 条件書式の設定例 条件書式の結果 有償ライセンス認証について
バージョン 1.14.0 リリース(kintoneプラグイン『機能拡張スタンダード All-In』)
2019年1月24日
テーブル内のフィールドの自動計算に対応 テーブル内に配置されたのフィールドについて、条件、代入先、演算項として利用できるようになりました。 テーブルに入力された各行のデータから、同じ行のフィールドに計算(文字列結合等)の結果を代入する テーブルに入力された各行のデータを条件判定し、同じ行の項目を演算項として利用す