『Gmail自動送信』ソフトウェア利用規約

『Gmail自動送信』ソフトウェア利用規約

第1条(利用規約の適用)
(1)spica.tokyo運営者(以下「Spica」)は、お客様にダウンロードその他の手段により提供され、インストールされたプラグインおよびソフトウェア(以下「本ソフトウェア」)を使用する権利を下記の条件で許諾します。
(2)本規約は、本ソフトウェアを利用する全てのお客様に適用されます。
(3)本ソフトウェアを利用する場合、本規約を理解し同意したとものとみなします。
(4)Spicaは、本規約を予告なく、適宜変更できるものとします。本規約の内容を変更する場合には、事前にSpicaのウェブサイト上での掲載、メールでの通知、その他Spicaが定める方法で通知することにより、お客様にご連絡したものとします。お客様が規約の変更内容に同意されない場合、Spicaは、本ソフトウェアの提供を継続する責を負わず、お客様は規約の変更が有効になる前に本ソフトウェアをアンインストール等の手段をもってご利用を停止しなければならないものとします。ご利用を停止しない場合、変更された規約条項がお客様に適用されます。

第2条(著作権)
 本ソフトウェアに関する著作権等の知的財産権はSpicaに帰属し、本ソフトウェアは日本およびその他の国の著作権法ならびに関連する条約によって保護されています。

第3条(権利の許諾)
 お客様は、本規約の条項にしたがって本ソフトウェアを使用する非独占的な権利を本規約に基づき取得します。

第4条(制限事項)
 お客様は、Spicaが認める場合を除き、以下のいずれも行うことはできません。
 ・本ソフトウェアを第三者に販売またはリースすること
 ・本ソフトウェアの利用権利を第三者に譲渡、販売またはリースすること
 ・本ソフトウェアの改変、リバースエンジニアリング、逆コンパイルを行うこと
 ・本ソフトウェアに関するドキュメントの修正、翻案を行うこと

第5条(限定保証)
 本ソフトウェアは、一切の保証なく現状で提供されるものであり、Spicaは商品性、特定用途への適合性をはじめ、完全性、可用性、安全性等、本ソフトウェアに関して一切保証しません。

第6条(責任の制限)
(1)Spicaは、本規約その他いかなる場合においても、結果的、付随的あるいは懲罰的損害について、一切責任を負いません。お客様は、本ソフトウェアの使用に関連して第三者からお客様になされた請求に関連する損害、損失あるいは責任よりSpicaを免責し、保証するものとします。
(2)本ソフトウェアの利用により発生する利用者の損害については、一切の責任を負わず、また、利用者と第三者間の契約に基づく利用者の責任についても、Spicaは一切関知せず、責任を負わないものとし利用者は予めこれを承諾するものとします。
(4)Spicaは、本ソフトウェアに発生した不具合、エラー、障害等により本ソフトウェアが利用できないことによって生じる損害について一切の賠償責任を負いません。

第7条(無償利用)
 お客様は、Spicaが定める範囲において本ソフトウェアを無償で利用することができます。

第8条(本サービスの変更・廃止)
 ・Spicaは、お客様に通知することなく本ソフトウェアの内容を変更または、本ソフトウェアのサービスの一部または全部の提供を中止することができるものとします。また、それによってお客様に生じた損害について一切の責任を負いません。
 ・Googleの提供するAPIのポリシーの変更、仕様変更により本サービスの一部または全部が停止されることがあります。それによってお客様に生じた損害について一切の責任を負いません。

第9条(お客様情報の利用)
 Spicaは、お客様情報等の一部または全部を以下の目的のために利用することがあります
 ・本ソフトウェアの提供、管理、運営のため
 ・お客様の本ソフトウェアご利用にあたり必要な連絡を行うため
 ・規約の変更、キャンペーン、アンケート、広告配信、その他のソフトウェアに関するお知らせを行うため
 ・法令に基づき必要が認められる場合、第三者への開示を行う場合があります

第10条(免責)
(1)本ソフトウェアまたは利用規約についてSpicaが負う責任は、下記の事由によりお客様に発生した損害については、債務不履行責任、不法行為責任、その他の法令上の請求原因の如何を問わず賠償の責任を負わないものとします。
 ・天変地異、騒乱、暴動等に起因する不可抗力
 ・お客様の設備の障害、または本ソフトウェアのサービスを提供する設備までのインターネット接続サービスの不具合等お客様の接続環境の不具合
 ・本ソフトウェア利用時のインターネット接続サービスの応答時間等、性能値に起因する損害
 ・本ソフトウェアを提供する設備等に対する第三者による不正アクセス、アタック等により発生した損害
 ・kintoneの設備不具合等、Spicaの運用管理外の原因により発生した損害
 ・第三者が本ソフトウェアを不正に利用することにより、お客様または第三者に与えた損害
 ・お客様の本ソフトウェアの利用ライセンスについて、第三者による不正利用が発生したことにより生じた損害
 ・その他、Spicaの責を問う合理性のない事由
(2)本ソフトウェアに関する不具合修正やその他質問について、受付できない場合があります。
(3)Spicaは、本ソフトウェアを利用することによりお客様と第三者間で生じた紛争等について一切の責任を負わないものとします。

以上