機能拡張スタンダード All-In(BlueLaunch)

自動
計算

条件
書式

フィールド
再利用切替

フィールド
表示切替

フィールド
編集切替

選択数
制御

〒住所
検索

レコード
一括更新

■ このプラグインについて

kintone用のプラグインです。(kintoneとは
インストールすることでkintoneの機能を拡張することができます。
ダウンロードに料金は発生いたしません。
トライアル版、有償ライセンス版、ともに同じプラグインファイルをご使用ください。

プラグインファイルをダウンロード
(ver1.6.4 124Kbyte)

■ 利用ライセンスについて

● トライアル版(試用)
有償ライセンスと同様の機能でご試用いただけます。
試用期限はトライアル利用開始日の翌月末までです。
トライアル期間中に作成された利用設定内容は有償ライセンス版でもご使用いただけます。

● 有償ライセンス
月額料金にてライセンスを販売しております。

月額利用料 ¥3,000(税抜) [販売サイトへ]

機能について

■ 自動計算

● レコードの入力値のほか、様々な値を利用して自動計算を行います

ログインユーザー情報や、日時を年月日時分に分解した数値や、年・月単位で自動採番などを使って、数値の計算や文字列として結合する、などの処理ができます。
通常の四則演算のほか、剰余や累乗、論理演算など様々な演算処理が行なえます。

自動計算の基本的な使い方、自動採番を行う使用例

■ 条件書式

● フィールドの表示書式を設定します

レコードの入力値や、自動計算機能を利用した計算結果などから条件判定を行って、書式を設定することができます。
背景色、文字色、太字など簡易的な書式設定のほか、スタイルシートを記述することができます。

条件書式の設定例

■ フィールド再利用切替

● レコードを再利用する際に除外するフィールドを設定します

レコードの入力値や、自動計算機能を利用した計算結果などから条件判定を行って、設定することができます。

※閲覧権限のないフィールドを再利用する設定はできません

フィールド再利用切替の使用例

■ フィールド表示切替

● フィールドの表示非表示を設定します

レコードの入力値や、自動計算機能を利用した計算結果などから条件判定を行って、設定することができます。
また、編集時だけ表示させる、といった設定も可能です。

※閲覧権限のないフィールドを表示させる設定はできません

フィールド表示切替の使用例

■ フィールド編集切替

● フィールドの編集可不可を設定します

レコードの入力値や、自動計算機能を利用した計算結果などから条件判定を行って、設定することができます。
ルックアップのコピー先フィールドの編集を行う設定などが可能です。
編集不可に設定したフィールドがブラウザのデバッグ機能等を利用した編集が行われた場合でも、もとの入力値に書き戻されます。

※編集権限のないフィールドを編集可にする設定はできません

フィールド編集切替の使用例

■ 選択数制御

● 複数の選択を行うフィールドで選択数を制限します
チェックボックス、複数選択、ユーザー選択、組織選択、グループ選択、といったフィールドに対して、選択数の「いくつ以上いくつ以下」といった設定をすることができます。
選択された数が設定された範囲でない場合、エラーを表示するか、最大数より多い場合に自動的に削除をするかを設定できます。

選択数制御の使用例

■ 〒住所検索

● 郵便番号から住所を検索します
検索結果の住所は、都道府県、市区町村、町域、を個別に取得することができます。
また英語表記の住所を取得することができます。

住所検索の使用例

■ レコード一括更新

● レコードの一括更新処理をします
フィールドに直接入力を行う一括更新と、各レコードの自動計算を再度計算して保存する一括更新が可能です。
また一括更新を利用できるユーザーを制限することができます。

一括更新の使用例

■ その他

● 印刷する時だけフィールドを非表示にする
● 文字列(複数行)でタブ入力ができるようにする

利用規約

ソフトウェア利用規約をご確認ください。

リリースノート

2017/9/20 ver1.6.4
 ・フィルド再利用不可の実行タイミングについての調整
 ・細かい不具合、一部レイアウトの修正

2017/9/11 ver1.6.3
 ・自動計算の実行タイミングについての改修

2017/8/28 ver1.6.2
 ・文字列(複数行)でタブ入力をできるようにする機能の追加
 ・条件書式を適用するビューについてレコード詳細かレコード一覧か両方かを選択できる機能を追加
 ・そのほか細かい不具合の修正

2017/8/21 ver1.6.1
 ・自動計算の一時変数を利用した条件判定機能を追加
 ・一部の条件で条件書式とフィールド属性が動作しない不具合を修正
 ・そのほか細かい不具合の修正

2017/8/21 ver1.6.0
 ・自動計算によるレコード一括更新機能を追加
 ・郵便番号による住所検索機能を追加

2017/8/14 ver1.5.2
 ・選択数制限の機能でエラーメッセージが表示されていない不具合を修正

2017/8/3 ver1.5.0
 ・直接入力によるレコード一括更新機能を追加
 ・そのほか細かい不具合の修正

2017/6/23 ver1.4.0
 ・自動計算を他の機能よりも必ず先に行うように修正しました
 ・そのほか細かい不具合の修正

バージョンアップ予定

 ・PDF出力
 ・チャットツール連携
 ・自動計算のサブテーブル対応