バージョン 1.13.0 リリース(kintoneプラグイン『機能拡張スタンダード All-In』)

◆アップデート内容◆

フィールド属性:サブテーブル内フィールドの編集可・不可設定に対応

テーブル内のフィールドについて、編集可・不可の設定が行えるようになりました。

・テーブルを指定して設定をした場合
すべてのテーブル内フィールド要素に反映されます。
行の追加、削除の可・不可の設定を伴います。

・テーブル内のフィールドを個別に指定した場合
指定したフィールドを対象に設定が反映されます。
は行の追加、削除に影響はありません。

プラグイン設定画面のレイアウト調整

対象フィールドセットのブロック範囲をわかりやすく調整しました。

kintoneプラグイン『機能拡張スタンダード All-In』

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です